2016年02月23日

安心して行きたい歯医者さん。

医療機関の設備は、常に消毒され、清潔で安全なものばかりだと、当然のように思っていました。
ところが昨年の読売新聞の記事を読んでビックリ。

誰もが苦手な歯医者さん。
何かしらの処置をしてもらうと、必ずと言っていいほど「うがいして下さい。」と言われて、診察椅子のそばにある水を使って口をゆすぎますよね。
その水がもし、細菌だらけの汚染された水だったとしたら…。

治療が行われていない時は、椅子の下の配管に水が溜まったままの状態。
フィルターなどで循環させているのではないそうです。
細菌の増殖を防ぐ為には、椅子の水の通る管に消毒液を入れたり、診療前には新しい水と取り換える等の手間がかかるとのことで、細菌対策が完全ではない医院もあるとのこと。

あの水は水道から出たばかりの水ではなかったのですね。
知らなかったとは言え、とてもショックです。

それに、処置に歯に直接かけた水の飛び散り、この水に虫歯菌や歯周病菌が混ざっているわけですよね。考えてみれば、とても不潔で心配になってきます。

そうではなくても行きづらい歯医者さん。
清潔で安心して治療を受けたいですね。





ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
レビューブログからの情報です。
posted by imacvery at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック